カート

Titan Deep Freeze 30 Can Air クーラーボックス

NEW

¥14,300

氷を最大2日間キープ

商品スペック

  • サイズ
    (トート型使用時の外寸)62.5cm(W) x 10.5cm(D) x 44.5cm(H)
    (ボックス型使用時の外寸)36.2cm(W) x 24.1cm(D) x 28.6cm(H)
  • 重量
    1.05kg
  • 容量
    30カン(約16L)

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
セクション
ここに要素をドロップしてください!

氷を最大2日間キープ

Titan Deep Freeze Airはメーカー独自開発の断熱材を採用。また、全体の素材は継ぎ目の無い一体型となっており、冷気が逃げるのを防ぐ構造となっています。驚異の保冷力で猛暑のアウトドアでもキンキンに冷えたドリンクが楽しめます。

超高性能断熱材

熱反射素材、高密度超発泡素材などの5重の層で構成される独自の高性能断熱素材により、圧倒的な保冷力を実現。外気の熱をシャットアウトし内容物の冷気をキープします。

小さく丸めて収納可能

空気で膨らむクーラーボックスなので、使わない時は空気を抜いて丸めて収納でき、収納場所に困りません。

取り外し可能なライナー

氷を入れるために設計されたウォータープルーフライナーを採用。ライナーは取り外して簡単にお手入れできます。

BACKSAVER®ショルダーストラップ

人間工学に基づいた設計により、筋肉のストレスを軽減し持ち運びしやすいストラップを採用しています。

YKK社製ジッパー

バッグ各所のジッパーには、世界中で高い信頼性を誇るYKK社の止水ジッパーを採用。外部からの水の侵入と内部から冷気が逃げるのを防ぎます。

使用方法

使用する時は本体横のバルブを緩め、空気が入ったらバルブを締めます。この状態でトート型として使用することも可能です。ボックス型として使用する際は、さらにサイドのバックルを留めます。

使用しない時は本体横のバルブを緩めてサイドのバックルを留め、本体の空気を抜きながら丸めていきストラップをバックルに留めると小さく収納できます。

保冷能力について

クーラーボックスの保冷力を測定する北米の業界統一テスト「Keep Ice Test」で、2日間氷をキープできることが証明されました。

保冷庫に100%氷を敷き詰めた状態で2日間、1/2を食材・1/2を氷で詰めた状態で1日間も氷をキープしました。

クーラーバッグ・クーラーボックスの保冷力アップのコツとは?

  • あらかじめ中身を冷やしておく
    お使いになる前に、事前に氷を入れておくなどして冷やしていただきますと保冷時間を長く保つことができます。
  • 中身をできるだけ氷で満たす
    保冷したいものを収納した後、できるだけ氷で中身を満たしていただくと保冷効果を高めることが可能です。
  • 頻繁に開閉しない
    保冷効果をできるだけ高めるため、必要な時以外はできるだけ開閉しないようにしてください。
  • 直射日光や地熱を避ける
    直接日光が当たらない日陰に置き、スタンドなどを用いて地面からの熱も避けてください。
  • 板氷や専用保冷剤を使用する
    板氷やアウトドア専用の保冷剤を使用すると、保冷時間を長く保つことができます。

メーカーについて

「TITAN(タイタン)」、「Arctic Zone」ブランドの生みの親、カナダのメーカー「California Innovations」は、1986年の創業以来ユニークで実用的かつ高性能なクーラーバッグを作り続け、現在ではソフトクーラーバッグのシェア世界1位(※)のメーカーに成長しました。
「TITAN」、「Arctic Zone」以外にも「Columbia」などのライセンス製品も取り扱っており、高品質、高性能なクーラーバッグを作り続けています。

※…2018年5月〜2019年4月のソフトクーラーバッグ市場で世界1位のシェアを獲得(出典:NPD Group / Retail Tracking Service / U.S. Dollar Sales